資産形成の原資を作る 

半数以上の人が副業に興味

少し前までは一部の人のものでしかなかった副業ですが、大企業や政府が副業を認める動きが広がったことで、実際に副業を始めた人が増加しています。

 

副業をしている理由は人それぞれです。生活費の足しにするために副業をしている人もいれば、副業で稼いだ分を自由に使えるお金にしていたり、ゆくゆくは副業をメインにするつもりで開始していたりする人もいます。
副業をまだやったことがないという人でも、80%ほどの人が副業に興味をもっているといわれています。

 

女性にも副業は広まっています。アフィリエイトやアンケートサイトなども含めれば、なんと半数を超える6割もの人が副業の経験があるという調査もあります。
専業主婦をしている人の中にも副業に興味をいだいている人が多いです。日経新聞の調査では、7割近い主婦が副業などの仕事をして家計の足しにしたいと回答しています。

 

副業の収入は平均で月3万8千円ほどですが、中には学生で月100万円以上も副業で稼いでいる人もいます。

 

しかし、興味をもつ人も多く魅力的な副業ですが、挫折してしまう人も少なくありません。時間的理由や体力的な理由で、辞めてしまう人も多いのが現状です。

 

不労所得には憧れるが……

不労所得とは読んで字の通り、働かずに得られる金銭のこと。利子や配当、家賃収入や、株式や不動産の売却益などを指す場合が多いです。
もし副業として働かずに収入が得られたらそんな素敵なことはありません。

 

株や不動産というと資産家のものというイメージがありますが、実際にはサラリーマンにとって遠い存在ではありません。サラリーマンでも株で利益を出したり、家賃収入で稼いでいたりする人はいます。
しかし、だからといって完全に「不労」というわけではありません。

 

不動産の管理には手間がかかりますし、賃貸収入を得ている人が楽をしているとは限りません。株式で利益を得るにも一定以上の知識が必要です。確実に収益を出すには常に勉強がかかせません。
最低限の労力で利益を得ているように見えても、実は勉強や努力がその裏にあるというケースがほとんどです。

 

中には全く苦労せずに不労所得を得ていると話す人もいますが、そういう人は勉強を全く苦と思わないか、もともと才能や資産を十分にもっているだけです。

 

残念ながら、全く努力もなしに楽して稼げる方法というものはありません。
インターネットで見かける広告の中には、初心者でも簡単に稼げると宣伝しているものもありますが、教材を売りつける詐欺だったり、スキルは不要だが時間の非常にかかったりするものも多いです。
目先の利益に惑わされて、うまい話にだまされないようにしましょう。

 

副業をする際に気をつけるべきことは?

すでに述べたように、何の努力もせずに収入を得ることはできません。
簡単に稼いでいるように見える人でも、必ずそれまでに努力と勉強をしています。
副業に興味があっても挫折してしまう人が多いのは、この努力と勉強の過程が見えてないためです。

 

副業をする上で重要なのは長期的な観点をもつことです。
目先の利益だけで考えず、副業を通して技術や知識が得られるようにしましょう。自分自身がスキルアップできれば、副業によって得られる利益も大きなものになります。

 

また、副業をすれば本来自由に使えた時間の一部も仕事にあてることになります。副業で得たお金を美味しいものを食べたり旅行に行ったりなどの楽しみに使うか、それとも自由時間をそのまま自由時間として使うのか、今一度よく考えてみましょう。

 

副業の選び方

副業の種類

副業は主に「ビジネス系」と「投資系」に分けられます。

 

ビジネス系とは、商品やサービスを販売して利益を得るものです。
投資系は、不動産や株、FXに投資し、そこから収入を得るというものです。

 

ビジネス系は軌道に乗るまで時間や勉強を必要としますが、一度上手くいき始めればその後安定した収入を望みやすいです。
投資系は、少ない元手でも始めることができますが、ビジネス系よりもハイリスク・ハイリターンになりやすい傾向があります。

 

自己資金やスキル、興味分野によって向き不向きがあるため、自分にあったものを選ぶようにしましょう。

 

●自己資金別、副業の選び方
副業の選び方にはいろいろありますが、自己資金がどの程度あるかどうかというのは大きな目安です。
まずは自己資金がゼロ・少額でも始められるものから開始して肩を慣らし、次第に規模を大きくしていくのがおすすめです。

 

・自己資金50万円以下
ビジネス系の副業のうち、元手が必要のないものから始めましょう。
まずは大きな利益を出すことではなく、副業そのものに慣れること、少なくとも安定した収入が得られるようにすることを意識しましょう。

 

・自己資金50万円〜300万円
自己資金に余裕がある場合や、副業で資金に余裕が出始めたら、ビジネス系だけでなく、投資系も合わせてやってみるのがおすすめです。
投資は怖いというイメージも多いですが、少ない金額なら失敗も大きくなりにくいです。

 

・自己資金300万円
これだけ自己資金があれば、手間を抑えつつ投資系の副業をするのがおすすめです。ストック型の不動産投資や、フロー型の株式投資に取り組んでみましょう。
元手の必要なビジネス系の副業も始めることができます。

 

 

 

◯いろいろな副業紹介
ここからは、有名なものからあまり知られていないものまで、様々な副業を紹介してゆきます。

 

 

 

◯ポイントサイトの紹介
ポイントサイトでは友達紹介制度を利用して稼ぐことができます。自分が直接紹介した人だけでなく友達の友達が紹介した人が登録しても、ポイントが貰えます。

 

●手順
SNSやブログに貼った広告から登録すると、1人ごとにポイントが加算され、溜まったポイントを現金や商品券などに変換します。

 

●金額
多い人で月10万円程度

 

●時間
SNSの更新やブログなど1日時間以上

 

●収入を得るまでの期間
友達の数が増えるまではあまり利益は出にくいです。ただ、一定以上まで増えると定期的にポイント収入が得られるようになります。

 

●向いている人
SNSやブログなどの更新を頻繁にすることになるため、地味な作業をコツコツと続けられる人や、話の種に困らない人が向いています。
軌道に乗るまでは利益が非常に小さいため、気の短い人には向いていません。

 

 

 

◯アフィリエイト
ブログにある広告が表示されたり、広告がクリックされたり、広告を経由して商品が購入されたりした場合に広告料や紹介料が発生するもの。

 

●手順
ブログを開設し、アフィリエイト会社に登録。その後記事を書いて広告を掲載する。

 

●金額
自己資金はまったくなくても問題ないが、1万円以上稼げる人は少数派。数十万円稼ぐ人も稀にいる。

 

●必要時間
収益を上げるためには常に記事を追加したり、編集したりする必要があります。作業時間は自由に決められますが、利益が出るようになるまで1年以上かかる場合も少なくありません。

 

●向いている人
注目をあびるような記事、広告をクリックしたくなるような魅力的な文章を描くことのできる人。
新しい商品や注目されている物事に関するアンテナも必要です。

 

 

 

◯ネットショップ
商品を仕入れたり転売したりして稼ぐ方法。
自分でネットショップを開設するほか、オークションやフリマアプリを活用するのも一つの方法です。

 

基本的に購入者とのやり取りや発送・梱包は自分で行う必要がありますが、ドロップシッピングという方法を利用すれば在庫管理や発送の手間を省くことも可能です。

 

●金額
売上金額から仕入れ値を引いたものが利益になります。
お客さんを呼び込むために宣伝や広告などの経費がかかる場合もあります。

 

●必要時間
商品の仕入れや宣伝、発送や梱包などに時間がかかります。発送の手続きなどは日中の作業も必要になりやすいです。

 

●向いている人
宣伝のためのSNSやブログ、サイトの更新がこまめにできる人。
自分で発送・梱包を行う場合は在庫管理や個人情報の管理も行うことになるため、几帳面な人でないと続けていくのは難しいです。

 

 

 

◯声優・ナレーター
声優やナレーターというと専用のスタジオが必要でハードルが高いというイメージがありますが、今は自宅でも簡単に声を収録し、それを販売することができます。
本の朗読や動画のナレーションなど内容は様々です。

 

●手順
誰でも声優として登録し、仕事を請け負える専門サイトがあります。
そこで声優を募集している案件に応募し、オーディションを受けたり、依頼した人から声がかかるのを待ったりします。
音声のやり取りはメールやskypeなどを使用します。

 

●金額
人気が出れば月15万円以上稼ぐことも可能です。

 

●時間
やり取りはインターネットで完結する上に、収録作業は自宅で行えるため、時間の融通がききます。本業への影響も少ないです。

 

●収入を得るまでに必要なもの
パソコンとマイクがあれば誰でも始められます。
採用されればすぐに収入になりますが、オーディションに受からなければ収入はゼロです。向いていないと思ったらすぐに別の副業に切り替えるのも考えましょう。

 

●向いている人
話すことや演技が好きな人

 

●注意点
収入が得られるかどうかは声質や滑舌など、本人の資質に大きく影響されます。
また、大きな声を出すことになるため、近所迷惑にならないように防音ルームなどの対策が必要になる場合もあります。

 

 

 

◯LINEスタンプ
自分で作成したLINEスタンプを販売するものです。

 

●手順
絵を描いたり写真を加工したりしてLINEスタンプ作成し、LINE CREATORS MARKETにクリエイター登録をします。販売の申請をし、スタンプが売れれば利益が出ます。
スタンプが注目されるように、SNSやブログで宣伝することも必要です。

 

●金額
販売価格のうち、30%はAppleもしくはGoogle Playの手数料となります。残りの70%のうち、半分はLINE社の、もう半分が販売者の利益となります。
ヒットすれば数千万円の儲けが出ることもありますが、全く売れないスタンプの方が圧倒的に多いです、

 

●必要時間
絵を描いたり写真を加工したりするのにかかる時間。数ヶ月かけてスタンプを作る人もいれば、1日で作ってしまう人もいます。
自分の好きな時間に作業できるため、時間の融通はききやすいです。

 

登録完了後、スタンプが売れればすぐ稼げるようになりますが、全く売れずに埋もれていくスタンプも非常に多いです。
また、LINEスタンプでコンスタントに稼ぐためには、定期的に新しいスタンプを販売登録する必要があります。

 

●向いている人
絵を描くのが得意な人、スタンプのアイディアが豊富な人

 

 

 

◯イラストレーター
自作のイラストを販売したり、イラストを使用したTシャツやバッグを販売したり、イラスト作成依頼を受けて報酬を得たりします。

 

●手順
クラウドソーシングサービスに登録して依頼を受注したり、コンペに参加したりして採用されれば報酬を得られます。素材サイトにイラストを投稿する方法もあります。
オークションやフリマアプリで手描きのイラストを販売している人もいます。
Tシャツなどの場合、販売サイトにイラストを登録し、あとは欲しい人がTシャツを注文すれば報酬が発生します。作成と発送は販売サイトが行うため、在庫を抱える心配や発送の手間はありません。

 

●金額
素材登録サイトの場合、1ダウンロードごとに3円から5円程度の報酬となります。
その他の場合、人気のある人や筆の早いなら月に10万円円以上稼ぐこともできます。

 

●必要時間
好きな時間に作業ができますが、作業時間がどの程度になるかは作風やこだわり具合によります。
仕事が入ったり注文が入ったりすればすぐに利益になります。

 

●向いている人
絵が得意な人

 

 

 

◯アプリ開発
スマホアプリやWEBサービスを開発し、販売したり広告費を得たりして稼ぐ方法もあります。

 

●手順
開発したアプリを有料で販売したり、広告を乗せたりすれば収益になります。また、開発したWEBサービスそのものを売却する場合もあります。

 

開発に必要なツールは無料のものが多く、初期投資はほとんどかかりません。
ただしプログラミングなどの専門知識を、ある程度の英語力は必須です。

 

●金額
売れたりダウンロードされたりしなければゼロですが、当たれば数千万円以上稼ぐこともできます。

 

●必要時間
アプリの内容による。
慣れた人であれば2、3日で開発してしまうこともありますが、全くの初心者の場合は技術の習得期間も必要になります。半年から1年は最低でもかかると考えておきましょう。

 

●向いている人
プログラミングの知識がある人、ある程度の英語力をもっている人。

 

 

 

◯書籍を出版する
自分で書いた小説やビジネス書などを販売するもの。

 

出版社に持ち込んだり、自費出版したりする方法もありますが、kindleストアなど電子書籍を利用した方が初期投資もかからずおすすめです。

 

●手順
作成した原稿を電子書籍の形式の変換し、ストアに登録。審査に通過すれば販売開始となります。

 

●金額
販売価格は自分で決めることができます。
販売価格と読まれたページ数から報酬が決まり、ロイヤリティは70%か35%のどちらかから選択します。読まれたページ数あたりの配分については1ページあたり0.5円ほどが相場です。

 

●必要時間
筆の早い人なら短期間で作れますが、1冊の本を描くのに数年かける人もいます。
電子書籍として売る場合、最低でも1万時以上は必要になります。

 

●向いている人
文章を書くのが得意な人、目を引くようなタイトルやキャッチコピーをつけられる人。

 

 

 

◯You Tube
You Tubeで広告再生時や広告クリック時に発生した広告料で稼ぐ方法です。ブログでも同様に広告収入で利益を得ることができます。

 

●手順
You Tubeのパートナープログラムに登録し、動画を投稿。
動画の再生回数が1万回以上になった段階で審査開始、無事通過されれば広告の掲載が許可されます。
あとは広告が再生されたり、広告がクリックされたりすれば利益になります。

 

YouTuberというと顔を出して稼いでいるというイメージがありますが、最近はキャラクターを登場させるなど、顔を出さずに動画を作っているケースも増えています。

 

●金額
トップクラスになると億単位で稼いでいる人もいますが、真面目に動画を作っても数十円しか稼げていないという人の方が圧倒的に多いです。

 

●必要時間
最低でも3、4時間、トップクラスになると数分の動画作成に十数時間以上かけることもあります。
収益が出るまで早くても2、3ヶ月は必要。

 

 

●向いている人
アイディア豊富な人や、楽しいことを考えるのが得意な人。

 

 

 

◯コンサルタント
企画や経営などのコンサルタントの業務を請け負うもの。
アドバイスできるような得意分野があれば、パソコンとインターネット環境があればできるため、特別な道具は必要ありません。

 

●手順
最初のうちは自力でコンサルタントの仕事を取ってくるのは難しいです。コンサルタントのマッチングサービスを利用するのが近道でしょう。

 

●金額
謝礼は最低5千円というのが一般的です。謝礼の相場は1万円から1万5千円程度。
頻度は月2回あれば多い方とたくさん稼げる人はわずかです。他に競合することの少ない分野の場合、依頼が多く入りやすいです。

 

●必要時間
相談にかかる時間は1回1時間程度ですが、内容によっては長時間になることも。

 

●向いている人
得意分野がある人。人の話を聞くのが得意な人。

 

 

 

◯商品開発・特許
新しい商品を開発したり、特許を取ったりして、使用した企業からロイヤリティを貰う方法。

 

●手順
特許を取るためには特許出願書類を作成し、提出する必要があります。また、特許を取るだけでなく、その技術やアイディアを企業に売り込み、商品化に繋げなければ利益にはなりません。

 

●金額
ヒットすれば主婦や学生でも数億円以上稼ぐこともできますが、宝くじを当てるよりも難しいかもしれません。
特許を取れるようなアイディアが浮かぶかどうか、特許を取ったあとに商品化にこぎつけることができるかどうかが鍵です。

 

●必要時間
特許を申請し、特許権を得るだけでも1年から2年ほどかかります。

 

●向いている人
新しい物事を考えるのが好きな人、折れずに努力を続けられる人。

 

 

 

◯ネットワークビジネス
マルチ商法と呼ばれることも。

 

●手順
ネットワークビジネスの会員となり、商品を売った報酬を得る。普通の売り買いと異なるのは、自分が紹介した会員の売上の一部も報酬として得られるという部分です。

 

●金額
商品価格の2割から3割が報酬となるのが一般的です。
たくさん商品を売ったり、紹介した会員が増えたりすれば利益も大きくなります。

 

●必要時間
商品を売る時間だけでなく、会員の勧誘も必要になるため、時間がかかりやすいです。セミナーやイベントなどにも参加する必要があるため、休日などをネットワークビジネスにあてることになります。

 

どの程度の金額を得られるかは、コミュニケーション能力や人脈の広さに左右されます。

 

●向いている人
商品を紹介したり、説得したりするのが上手い人

 

●注意点
ネットワークビジネスは友人関係や信頼関係を壊してしまうことも多いため、友人を大切にするなら手を出さない方が安心です。

 

 

 

◯カーシェアリング
自分の車を使っていない間、他の人に貸すことでレンタル料を受け取る方法です。

 

●手順
カーシェアリングのための仲介サービスがあるため、貸し手として登録しましょう。
価格や条件を決め、利用者が来るのを待ちます。
希望者がいた場合、場所や時間などの条件を確認し、問題なければ車を貸します。

 

●金額
1日3千円から1万円ほど。金額は車種によって様々で、高級外車の場合は1日でも数万円になることもあります。

 

●必要時間
車を借りたい人とのやり取りにかかる時間と、車を移動する必要があればそのための時間。
相手に合わせて動く必要があります。

 

●向いている人
車を所有してはいるものの、使わない日がある場合。

 

 

 

◯ガーデンシェア
使っていない土地を貸して、ガーデニングや農業体験をしてもらい、賃料を得る方法。
畑を使わずにそのままにしていると、農地とみなされなくなり、税金が上がってしまう場合があります。税金対策としても有効な方法です。

 

●手順
農地の貸付には農業委員会の承認が必要になります。
承認が取れたら農地を小さく区画分けし、市民に貸し出します。

 

●金額
相場は1区画1万円程度ですが、地域によって差が大きいです。

 

●必要時間
貸付のための承認や、貸付希望者への対応などの事務作業が主ですが、一度貸し始めてしまえば手間はほとんどかかりません。

 

●向いている人
使用していない農地や土地がある人。

 

 

 

◯コインパーキング経営
コインパーキングには、自分の土地をコインパーキングにする方法と、借りた土地をコインパーキングとする方法があります。

 

●手順
初期費用として200万円から300万円ほど必要になります。
コインパーキングとして必要な、舗装や精算機、看板などを用意する必要があります。

 

●金額
集金やクレーム・トラブルの対応を業者に任せるか、自分で行うかで異なります。
土地を借りた場合でも、1日1500円ほどの稼ぎがあれば利益が出ます。利用頻度にもよりますが、初期費用を回収できるまで早ければ1年程度しかかかりません。

 

●必要時間
コインパーキングを始めるまでに時間がかかります。土地を探したり、必要な設備を整えたりするまでは出費が続くことになります。
ただ、一度営業を開始すれば、週に1回程度集金とメンテナンスを行うだけで十分です。集金とメンテナンスは業者に依頼することもできるため、業者を使うならやることはほとんどありません。

 

 

 

◯バイク専用駐車場
土地が狭い場合、車を停めるのは難しいですが、バイク専用の駐車場であれば作ることができます。
とくに最近は駐車違反の取締が厳しくなり、バイクの止める場所が少なくなっているため需要が高まっています。
また、高級バイクは盗難の被害にあいやすいため、安全に止められる屋内バイク専用駐車場を探している人も多いです。

 

狭い土地だけでなく、使いみちのない倉庫や通りに面した空き店舗も利用できます。

 

●手順
土地や施設の整備などに初期費用として300万円ほど必要になります。

 

●金額
賃料は立地によって様々ですが、バイク一台あたり5千円から1万5千点程度が目安です。初期投資を回収するまでには1年半から2年ほどかかります。

 

●必要時間
コインパーキングと同様、駐車場の整備に時間とお金がかかります。
借りての募集や集金などは業者に依頼してしまえば、やることはほぼありません

 

●向いている人
使いみちのない倉庫や空き店舗のある人、バイクが好きな人。

 

 

 

◯コインランドリー
初期費用さえ用意できれば、あとはコンスタントに稼げると人気の副業です。専門的な知識も必要ありません。
初期投資さえあれば安定しやすいのが魅力でしたが、近年コインランドリーを始める人が急増したため、ライバルも多いです。
稼げるようになるには、人を呼び込む工夫も必要です。

 

●手順
機会や設備などに初期投資として1500万円から2500万円ほど必要になります。
所有している土地に建物を建てる方法もありますが、テナントを借りて既存の建物内で始めることも可能です。

 

●金額
月に30〜60万円ほど。収益は立地に大きく左右されます。初期投資を回収できるまでに3〜4年かかることになるため、長期的に取り組む必要があります。

 

●必要時間
初期投資はかかるものの、一度始めてしまえば24時間356日無人で運営できるのが魅力です。
機械類のメンテナンスは業者に任せることになるため、簡単な事務作業と、集金・清掃の必要がある程度です。

 

 

 

◯貸倉庫
トランクルームや貸倉庫を作り、賃料を得る方法です。
荷物を預かるだけのため、入居者のいる物件よりもトラブルが起こりにくいのも魅力です。

 

●手順
ビルの中を区切ったり、コンテナを設置したりして、その中を貸倉庫やトランクルームとして貸し出します。
初期費用は屋外コンテナで500万円から1000万円ほど、屋内トランクルームの場合300万円から800万円ほどかかります。
トランクルームが完成したら、チラシを配ったり広告などを出したりして、お客を集める必要があります。

 

●金額
広さや規模によって異なりますが、利回りは20%ほどということが多いです。
初期費用を回収できるまでには5年ほどかかります。

 

●必要時間
施設の準備には時間かかりますが、運営開始後はあまり手間がかかりません。ただし、利用者は自分で集める必要があります。満室になってしまえば入れ替わりは少ないため、忙しいのは最初のうちだけです。

 

●向いている人
空いた土地やテナントがある人

 

 

 

◯コインロッカー
自分で土地や場所を用意し運営する方法もありますが、コインロッカーの場合は、ロッカーの購入と設置場所の選択だけを行い、設置や維持管理を業者が行うという方法もあります。

 

●手順
基本的にオーナーが行うのはロッカーの購入と、場所の決定だけです。設置場所の整備や、設置場所の土地所有者との交渉は業者が行います。
初期費用は300万円ほどですが、ロッカーの種類によってはもっとお金がかかる場合もあります。

 

●金額
コインロッカーの売上は、ロッカーを購入したオーナーと業者、土地所有者の3社で分け合います。
売上のうち、4割から6割がオーナーの取り分になります。

 

金額は稼働率によってまちまちで、観光地や繁華街など、立地が良ければ売上も大きくなります。
初期費用の回収までには4年から6年ほどかかります。

 

●必要時間
コインロッカー設置後にやることはありません。
ただし、初期費用の回収まで時間がかかる点には注意しておきましょう。

 

●向いている人
副業に興味があり、初期費用も用意できるが時間のない人。

 

 

 

◯自動販売機
自動販売機を設置し、売上の一部を受け取ります。

 

自動販売機の場合、設置場所だけ業者に貸し出す「フルオペレータータイプ」と、飲み物の補充や管理を自分で行う「セミオペレータータイプ」の2つの方法があります。

 

●金額
設置場所にもよりますが、フルオペレータータイプの場合月数千円から1万円ほど、セミオペレータータイプの場合は売上の20%が利益になります。
ただし、セミオペレータータイプの場合は電気代も自分で払う必要があります。

 

●必要時間
フルオペレータータイプの場合、やることはりません。
セミオペレータータイプの場合は、飲み物の補充・注文のほか、掃除やゴミ捨ても自分で行う必要があります。

 

●向いている人
自動販売機の設置場所がある人。
フルオペレータータイプの場合は、手間をかけずに収入を得たい人も向いています。

 

 

 

◯太陽光発電
発電した電力を販売し、収益を得るもの。

 

自宅の屋根に太陽光発電を設置し、余剰電力を電力会社に売る方法もありますが、この方法ではあまり大きな利益にはなりません。
副業として行う場合、広いスペースにまとめて太陽光パネルを設置し、そこで発電した電気をまとめて買い取ってもらう方が利益も出やすいです。

 

●手順
産業用の太陽光発電設備を整える場合、200坪から300坪ほどのスペースが必要になります。
初期費用は広さや立地にもよりますが、数百万円単位で必要になることが多いです。

 

●金額
自宅の屋根の上に設置した場合、電力の使用量や天候によって異なりますが、多いと月2万円ほどの収入になります。
産業用として広く設置した場合、年間で50万円から150万円ほどの売上になります。
初期投資を回収できるまでには住宅用で7年ほどかかります。

 

●必要時間
基本的にやることはありませんが、周囲に樹木のある場合影がかからないように剪定したり、落ち葉を掃除したりする必要があります。

 

●向いている人
年間を通して日照量の多い地域に土地など広いスペースが確保できる人。

 

 

 

◯不動産投資
物件を貸し出して賃料を得ます。いわゆる大家です。

 

●手順
自分のもっている物件を貸したり、アパートを建てたり、購入したマンションや戸建てを不動産業者を通じて貸し出します。
新しく建物を建てたり、購入したりする場合はローンを組むことになる場合が多いです。

 

●金額
物件の内容や数によって異なる。
月数万円の人もいれば、一月に100万円以上の家賃収入のある人もいます。
コンスタントに収入が入りやすいのが魅力ですが、初期費用が大きく、回収するまでに数十年かかることも少なくありません。

 

●必要時間
自分で管理するとなると清掃なども必要になりますが、管理会社に任せてしまえば契約などの事務手続きだけでOKです。

 

●向いている人
不動産に興味があり、勉強する気力があることが大切です。不動産はハイリスク・ハイリターンため、しっかりと学ばなければ痛い目をみることになります。

 

 

 

◯シェアハウス
複数人で一つの物件に同居するのがシェアハウスです。
一つの物件を8万円で貸し出すよりも、シェアハウスとして3人に3万円で貸した方が家賃収入は多くなります。
1人退去してしまっても完全に家賃収入が途絶えることがないのも魅力的なポイントです。
古い戸建て住宅を改装してシェアハウスにすれば、初期投資を最低限に抑えることも可能です。

 

●金額
物件の規模や数、入居率によります。シェアハウスで月百万円以上の賃料を得ている人もいます。
業者に管理やクレーム対応を任せる場合、賃料の20%ほどが委託料になります。

 

●必要時間
入居が決まればすぐ。

 

●向いている人
人とわいわいするのが好きな人や、トラブルがあった際に仲裁できる人。

 

●注意点
一つの家で他人同士が暮らす関係上、どうしても普通の物件より入居者トラブルは発生しやすいです。
トラブルを防ぐために、入居前にしっかりとしたルールづくりをしておきましょう。

 

 

 

◯ドミトリー
ドミトリーとは相部屋を前提とした宿泊施設のこと。
外国人旅行者が増え宿泊施設の需要が急増しているため、ドミトリー経営の注目度は非常に上昇しています。ただ、非常にライバルも多い事業のため、他にはない魅力がなければ長続きしません。

 

●手順
営業には旅館業の営業許可が必要です。
個室のホテルと違って部屋の整備の手間は少ないものの、それでも1000万円ほどの初期投資は必要になります。

 

●金額
ドミトリーの宿泊料金は一泊2、3000円が相場です。東京の場合、人気ドミトリーの稼働率は9割以上といわれています。
収益が出るかどうか、初期投資を回収できるかどうかはドミトリー次第です。人気のドミトリーとなり本業以上に稼げる人もいれば、赤字続きの人もいます。

 

●必要時間
受付や接客、掃除など、通常のホテルの従業員が行っている業務が必要になります。ブログやSNS、広告などを使った宣伝も必要です。
基本的にスタッフの常駐が必要になるため、副業として行うならスタッフを何人か雇う必要があります。客商売になるため、時間の制約も多いです。

 

●向いている人
いろいろな人に会うのが好きな人、世話を焼くのが楽しいと思える人。

 

 

 

◯株・FX
株やFXの売買によって収益を出す方法です。
少ない元手で大きな利益を生み出すことも可能ですが、一気にお金を失ってしまう可能性もある、ハイリスク・ハイリターンな方法です。

 

●手順
口座を開設すればすぐに始められますが、まずは本を読んだりセミナーやイベントに行ったりして、基本的な考え方を学ぶのが良いでしょう。まとまった自己資金があったとしても、最初は少ない金額から初めて慣らしていきましょう。

 

●金額
元手の大きさによる。
一月に数十万円、数百万円稼ぐ人もいれば、1日で数千万円失ってしまう人もいます。

 

●必要時間
経済の動向をチェックしたり、ニュースを見たりする必要があり、思っているよりも忙しいです。
1日に最低でも1時間は市場のチェックに費やす必要があるでしょう。
また、市場の動きが気になるあまり本業の最中に集中できなくなってしまう人も多いです。

 

●向いている人
経済の動向に興味があり、常にアンテナを晴れる人、長期的な視点で物事を考えられる人。
また、多少の損では動じない精神力が必須です。すぐにカッとなってしまう人には向いていません。

トップへ戻る