独身女性のマンション購入でありがち失敗例とは?

最近では独身女性がマンション購入に踏み切るケースが増えています。
目的は様々で、自分が住むためのこともあれば、家賃収入や資産形成が目的の場合もあります。

 

少し前までは、独り身の女性がマンションを買うというと「一生独身のつもり?」と思われることもありましたが、それは過去の話です。金銭的に余裕のある40代30代の女性だけでなく、中には20代農地からマンション購入を考える女性もいます。

 

しかし、不動産の購入はリスクの高いものです。ローンを組めば比較的簡単に購入できるとはいえ、失敗してしまうと数百万円、数千万円の損失になることもあります。
今回は、マンション購入時にありがちな失敗例や注意点、失敗してしまった際のリカバリー法について解説してゆきます。

 

独身女性のマンション購入が増えた理由

男女間の給与の差は昔に比べると少なくなり、以前にもまして独立志向の女性が増えています。

 

また、結婚したら家庭に入るという例も減り、共働き夫婦となるのが一般的です。女性自身が自分でコントロールできるお金も増えています。
また、不動産業者も男性だけにターゲットを絞っていては商売が立ち行かなくなっています。女性を対象にしたマンション購入セミナーを設けたり、資産運用講
座を開いたりして積極的に女性を不動産投資の場に呼び寄せてしまいます。

 

当初はあまり投資や不動産の購入に興味がなかった人でも、セミナーに参加して営業トークを聞くうちに、マンション購入に乗り気になったという例も多いです。
不動産業者の語るマンション購入を進める理由には次のようなものがあります。

 

・家賃収入は老後の年金代わりになる
・家賃を払うより同額のローン返済の方が物件を手に入れられる分お得
・不動産投資は節税になる
・人気のあるエリアの物件のため、数年後に売れば利益になる
・万が一ローンの返済ができなければ売却すれば良い
・一人暮らしの高齢者は部屋を借りにくい

 

将来に不安を抱えやすい独身の女性にとって、家賃が老後の年金の足しになるというのは非常に魅力的話です。
また、手に入らない物件に延々と家賃を払い続けるよりも、返済額が家賃と同程度になるようにローンを組、完済後に資産として物件を手に入れた方が得であるように思えます。

 

売却すればまとまったお金になるのもメリットです。不要になったら売却し、結婚資金や教育資金に当てることもできます。

 

マンション購入にかかる費用はまとめて見ると高額ですが、月々の返済額で見れば賃貸の家賃とそれほど変わらないというケースも多いです。将来の不安を解消できるだけでなく、毎月の負担も変わらないのだとしたら、思い切ってマンションを購入してしまう人が多いのも頷けます。

 

マンション購入のよくある失敗と後悔

本当に業者の言う通りであれば、マンションを買って失敗した人がいるはずはありません。もちろん成功している人もいますが失敗してしまった人も多いです。
業者の語らない注意点やデメリットがそこにはあります。

 

予算オーバーの物件を買ってしまう

自分はケチだから大丈夫だと思っている人も、不動産購入という大きな買い物になると金銭感覚が麻痺してしまいがちです。

 

マンションを購入する際は、いくつかの物件を見比べて、その中から一番良さそうなものを選択します。やはり安い物件よりも高額な物件の方が魅力的なのは言うまでもありません。設備や立地、長めの良さや快適さはグレードの高い部屋の方が上です。安価な物件というのはそれに比較するとどうしても見劣りしてしまうため、どうしても高い物件に惹かれてしまいます。

 

高額な買い物では金銭感覚がうまく働かなくなるのも予算オーバーの一因です。普段の昼食では10円の差を気にする人でも、マンションとなると10万円の差でも気を配れなくなってしまいやすいのです。

 

返済額が家賃と同じなら安心?

毎月の返済額が今の家賃と同じなら安心とよく言われますが、すでに今の生活に余裕がないようでは、同じように余裕のない生活が続くことになってしまいます。

 

また、もし現状の家賃がちょうどよいと思っていたとしても注意は必要です。
マンションを所有している場合、毎月ローンの返済の他に管理費と修繕積立金の支払いが必要になります。管理費と修繕積立金は築年数の経過により増えることが多いため、購入当初は余裕があっても、暫く経つと重い負担になる可能性もあります。
賃貸の時とは違い、固定資産税があることも忘れてはいけません。

 

大規模修繕工事

マンションでは10年から15年の間隔で外壁の塗り直しや防水工事などの大規模修繕工事を必要とします。
基本的に修繕費は修繕積立金を使用しますが、足りなければ工事のタイミングで一括徴収します。

 

中古マンションを購入した場合、入居直後に大規模修繕工事が行われ、急に数十万円もの支払いを求められる可能性もあります。
購入前に積立の状況や、前回の修繕工事のタイミングなどは必ず確認しておきましょう。

 

環境が悪くても引っ越ししにくい

独身の人がマンションを選ぶ場合、子育て世帯とは異なり、利便性を重視しがちです。
通勤時間の短縮は確かに生活を良くしますが、一方で利便性の良いエリアは住環境が良くない場合も多いです。繁華街の近くで治安に問題があったり、工場が近く騒音があったりするなど、住んでみると落ち着いて生活しにくいということもあります。
しかし、賃貸ではなく持ち家となると、多少住心地が悪くてもなかなか引っ越しできません。

 

また、隣人トラブルに対応しにくいのも欠点です。賃貸であれば、気の合わない住人や厄介な隣人がいても簡単に逃げられます。しかし、マンションを購入してしまった場合、他の住人のために大金をかけた物件を手放すというのは心理的に難しくなり、我慢を続けるしかなくなってしまいます。

 

家賃収入がうまく入らず赤字になる

自分で住むのではなく、投資用に購入したマンションの失敗談も多いです。

 

せっかく投資用マンションを購入しても、借り手がいなければ収入はありません。しかし、ローンの返済や修繕積立金・管理費・固定資産税は払い続けなくてはいけません。空き室が続いた場合は手持ちの資金から支払うことになります。

 

たとえ家賃収入が安定して入っていたとしても、ローンの支払いなどにより思ったより利益がでないというケースも少なくありません。

 

家賃収入は年金の代わりにならない

若い人で老後の暮らしに不安を抱いていない人はいないでしょう。独身ならばなおさらです。そんな不安を持っているところに、家賃収入が老後の暮らしを支えるなどと誘われたら、安易に乗ってしまうのも仕方ないかもしれません。

 

しかし、家賃収入というのは年々低下します。
家賃が多少高くても人が入るのは新築や築浅の時だけです。
その後は築年数に合わせて家賃を下げなければ、入居者はいなくなってしまいます。気がつけば当初の計画よりもずっと低い家賃になっている可能性も高いです。

 

将来のことを考える場合、ローンの返済はいつになるのか、その頃の家賃と物件の価格はどのぐらいになっているのかをシミュレーションしてみましょう。毎月の出費は返済だけではありません。前述の通り管理費や修繕積立金、固定資産税も発生します。

 

不動産業者が年金の代わりになるという家賃は、新築当時のものと変わらない金額であることが多く、維持管理のためのコストも考慮していません。

 

節税効果は低い

不動産投資の利点として節税効果が挙げられることも多いのですが、実際には高い節税効果は望めません。

 

本業の収入と不動産収入をあわせて確定申告する際、最初のうちは減価償却により不動産収入は赤字になります。これが所得税や住民税を減らすことに繋がるのですが、それは償却期間の間だけです。償却期間が終わると税金は増えることになります。

 

また、不動産業者が示す節税効果のデータはいい加減であることが多く、実際の収入や家賃と合わせて考えると大した節税効果が得られないというケースもあります。

 

売却してもローンを完済できるとは限らない

ローンの返済がうまくいかなかったり、不要になってしまったりした際は売ってしまえば解決と思っている人も多いのですが、そんなに簡単な話ではありません。

 

そもそも新築物件というのは割高です。販売のための広告費が上乗せされているため、実際の価値よりも2割から3割価格が上乗せされています。しかも、物件が新築なのは最初に購入した人だけです。一度人の手に渡ってしまった物件は、どんなに新しくても中古物件の扱いになります。

 

たとえ購入直後にマンションを売りに出したとしても、購入価格全額を取り戻すことはできず、必ず赤字になります。

 

収入が安定していない

女性の場合、男性よりもまだまだ収入が安定しいくいという問題もあります。
男性よりも昇給しにくいケースも多く、昇給を見込んでローンを組んだものの、なかなか給料が上がらず苦しい思いを流人もいます。

 

結婚や出産、介護などの影響も受けやすいです。結婚相手が転勤族だった場合、残念ながら多くの場合女性が仕事を辞めることになります。妊娠・出産により勤務時間が減り、給与が減ったり、子どもの預け先がなくなかなか復職できなかったりする女性もいます。

 

当初の計画で通りならば問題なくローンを返済できた人でも、こうした様々な影響によりやりくりが苦しくなってしまう場合があります。

 

一人暮らしの高齢者は部屋を借りにくいというのは嘘

孤独死のリスクがあるため、一人暮らしの高齢者は部屋を借りにくく、賃貸のままだと老後住む家に困るといってマンションを買わせようとする業者もいますが、騙されてはいけません。

 

確かに今はそういう風潮がありますが、高齢化社会が加速する以上、貸し手もそんな贅沢は言えなくなります。今でさえ地方は物件が余っており、いずれ都市部でも供給過多になるのは明らかです。
今30代40代の若い女性が高齢になる頃には、高齢者でも問題なく部屋を借りられるようになると考える方が自然です。

 

売却益はまずでない

このエリアの物件は人気で、今購入しておけば数年後に値上がりする、というのもマンション販売会社のよくあるウリ文句です。買って売るだけで利益になるのだとしたらこんなにうまい話はありませんが、そうそう世の中甘くはありません。
中国人が物件を買っている、オリンピック需要で物件が高騰しているという話もあるかもしれませんが、影響を受けている物件はほんの一部だけです。しかも、いつ値下がりしてしまうかわかったものではありません。

 

不動産投資の素人が売り買いだけで利益をでそうとするのは非常に危険です。

 

マンション購入の失敗から抜け出す方法は?

マンションを購入して失敗したと思った場合、取れる手段は2通りあります。

 

一つは、できるだけマンション高く売るというもの。
もう一つは、新たに投資物件を購入して、マイナス分をカバーするというものです。

 

マンションを高く売るには

もしマンションに住み続けることや、投資を続けることが困難なようであれば、早めに手放してしまいましょう。

 

マンションの価格は売り手と買い手の同意によって決まります。多少相場はありますが、高く買ってくれる人を見つけることができるかどうかがポイントになります。

 

まずは高く売ってくれそうな実力と実績のある業者を探しましょう。複数の業者に査定依頼をし、高い値をつけた業者の中から信頼できそうなところを選びます。
後は、見学に来た人が物件を気に入ってくれるような工夫をしましょう。部屋を片付けてきれいにするのは基本中の基本です。部屋の印象が良ければ、多少相場より高くても購入してくれる可能性が高くなります。

 

新たな投資によってマイナス分をカバーする

新たに投資物件を購入し、その利益によって失敗を取り戻すという方法もあります。
思い切りと追加資金が必要にはなりますが、一度失敗している分だけ経験があります。今度は同じ失敗を繰り返さないように、不動産投資に関する知識をしっかりと見につけて挑みましょう。

 

投資の規模が大きくなるとそれだけハイリスクになると感じるかもしれませんが、家賃収入を当てにするなら人部屋よりも複数部屋持っていた方がローリスクです。空き部屋になっても他の部屋の家賃収入があるため、いきなり不動産収入が途絶えてしまうことがありません。

 

独身女性のマンション購入

社会の変化により、昔に比べてマンションを購入する独身女性は増えています。
しかし、それを食い物にするマンション販売会社が多いことも事実です。セールストークにのせられるままマンションを買ってしまい、大きなマイナスを抱えてしまった人も少なくありません。

 

マンション購入で失敗しないためには、どんなリスクがあるかを知り、万が一の時のためのリカバリー方法について知る必要があります。

トップへ戻る